日記:スコーン(゚д゚)ウマー

クックパッドを見ていたら、「ケンタッキーのビスケット風スコーン」なるレシピを発見。
家にある材料で作れたので早速作ってみました。

(写真ぶれたorz)

歯ごたえといい味といい、ほんとに似たやつが出来ますたヽ(´ー`)ノ
これはたまに作ってみてもいいなぁ。

今回これ作ってて思ったこと。
フードプロセッサー欲しい(‘A`)」



スコーンと「アメリカでいうビスケット(※)」ってどう違うんだろうって思って調べてみたら、微妙に材料が違うらしい。
スコーンはバター、ビスケットはショートニングorラードを生地に練りこむのとか。

※:
スーパーやコンビニでよく目にするお菓子のほうのビスケットはアメリカでは「クッキー」といい、逆にイギリスではクッキーを「ビスケット」というらしい。日本みたいに「クッキー」と「ビスケット」の区別がないのだとか。

日本での定義:

日本では、1971年(昭和46年)に 施行された「ビスケット類の表示に関する公正競争規約」において、

(定義)第2条

    この規約で「ビスケット」とは、小麦粉、糖類、食用油脂および食塩を原料とし必要により澱粉、乳製品、卵製品、膨張剤、食品添加物の原料を配合し、また は、添加したものを混合機、成型機およびビスケットオーブンを使用し製造した食品をいう。

 (種類別の名称)第3条

        規約第3条第1号アに定めるクッキーとは、次に掲げるものをいう。
            (1)「手作り風の外観を有し、糖分、脂肪分の合計が重量百分比で40%以上のもので、嗜好に応じ、卵、乳製品、ナッツ、乾果、蜂蜜などにより製品の特徴 づけをおこなって風味よく焼き上げたもの。

と定義付けられている。これは、当時の日本にあって、「クッキー」は「ビスケット」よりも高級品だと思われていたため、安価な「ビスケット」を高級品であ る「クッキー」というのは、消費者を誤認させる恐れがあるとの判断から、定められたものである。ただ、この規約は日本ビスケット協会による自主ルールであ るため、協会に加盟していなければこれに従う必要はない。

参考文献→Wikipedia