大航海時代オンライン:「ツイデ症候群」伝説再び・1

「ツイデ症候群」とは
「効率を度外視してあれもこれもついでにやろうとする、恐るべき不治の病」
発見者および命名したのは熟女様。
この病気の患者でもある。
そして自分もその病気の患者である。


金曜日は代休ヽ(´ー`)ノ
沈没船の地図の場所がカリブ海だったため、カリブ・南米エリアの地図集めまくってカリブ海に行くことに。
ついでにこんなクエストも受けてく。

今週の水曜日にあった大型アップデートで追加されたクエストだそうな。
なんとなくクエスト名で受注w
サントドミンゴ行きの朝の定期船(セビリア発8:50)があったのでそれに乗ってサントドミンゴへ。
(朝の定期船も今回の大型アップデートで追加されています)


まんまるでふわふわ・・・
脳内に浮かんだ予想図(・ω・)

たぶんこんな生物にちがいないwww


サントドミンゴに到着してクエスト情報をゲット。
探索場所である南米北岸高地(サントドミンゴの南にある上陸地点)に行くかーと思い出航したところ・・・
「ここに沈没船が沈んでいるようです」メッセージが(・ω・)
んじゃ、先に引き上げてくるかね。
ジャカルタの真ん前で沈没船ポイント発見。
曳航用ジーベックに乗り換えて釣り上げる。
なんと今回も発見物扱いの沈没船(゚∀゚)!

探索は後ほど・・・
クリッパーに乗り換えて南米北岸高地にいって重ね岩へ。
にゃんかいた(・ω・)

というわけで生態調査スキルを使って問題のヤツを捕獲。
おら、逃げんなヽ(`Д´)ノ!
って、なにこれ(;゚д゚)!

リスとうさぎとハムスターを三身合体させたような生き物・・(・ω・)
えらい可愛いいんすけどwww
正直萌えた(;´_ゝ`)-3
ちなみにこの生き物、リアル世界ではペットとして飼われる事もあるけど結構育成が大変なんだそうな・・・(温度変化やストレスに弱い)
参考文献:http://www.sbspet.com/chin/


ふわもさ生物を捕獲後、サントドミンゴへ。
出来そうな生物クエストや地図をこなしていたらいつの間にかリオデジャネイロまで来ちゃった(´・ω・`)
街入ってみたらすごい人いっぱい(;゚д゚)!

そういえば、いまリオデジャネイロで勅命クエストやってるのだよねー・・・
新しい勅命の冒険クエストもあるし、勅命クエストクリアしたら国家貢献勲記もらえるし、ついでに色つきな人もそうでない人も必死で勅命やってるみたいだしー・・
よっしゃ、やってみるか。
まず生物学クエ。

冒険者依頼仲介人→船乗り→南米南西岸の重ね岩近くで生態調査。
またげっ歯類(・ω・)

次に地理学クエ。

リオデジャネイロ執政官→サンアントニオ出向役人→南米南西岸南で視認。
最初視認場所わかんなくて気がついたら視認ポイントから大分離れたとこまでいっちゃった(ノ∀`)

発見後、買い物(中野ブロードウェイ)のためサンアントニオまで移動してログアウト。
回航でリオデジャネイロに行くように設定。
さて、遊びに行って来るか。