日記:【閲覧注意】ヤバい予感しかしない珍味祭り

先週金曜日(2015/07/03)の話。
株式会社gottonの代表取締役の綿村さまから「コワーキングスペース『こけむさズ』の3周年記念パーティをするのでこないか」とのことでこのパーティに参加してきました。
それはいいとして、あのー【珍味祭り】ってなに(;´∀`)
で、当日…
( ゚Д゚)ウヒョー 酒いぱーい

本日の珍味おしながき。
知らん奴ばっかw

ホビロン…
はてどっかで聞いたことあるような。そして嫌な予感がしてしょうがねぇ


干しわらすぼ…w
ナニコレて思って調べたらハゼ科の生き物らしい
とても人を選ぶ味。日本酒以外の酒は基本合わないw

干されてる奴でも十分アレだが、干されてない奴はなかなかグロいので画像検索ダメ絶対。
メロンの種とかいのししのサラミとかとか。(゚Д゚)ウマー

おばいけ とかいうくじらの胴体としっぽの境目の部分。
酢味噌でいただく。刺身こんにゃくにちかい食感。

かめのて。エビとカニの中間みたいな味がする。これでも甲殻類。
ちょっとグロいんでボカしときますた(ボカし抜きを見たい人はクリック)

とても珍しいふぐの卵巣の糠漬け。

食ってみて( ゚Д゚)ウマーだったんですが…
これ、毒大丈夫なのって思ったんすけど…

ふぐ毒がいかなる要因によって減毒されるのかについては、未だ不明な点が多い。
卵巣を塩漬けにする際、塩析効果で脂質が分離し水分とともに外部に析出するが、このとき毒素が希釈されるのではないかと考えられている。塩析効果は糠漬けの時期にも続き、テトロドトキシンの量は塩蔵時に原料の5分の1、糠蔵時に30分の1にまで低下する[1]。
糠に含まれるある種の酵素が発酵する際に毒素を分解するのではないかという説がかつてあったが、卵巣の糠漬けから採集された200種類以上の細菌からはいずれもテトロドトキシンの分解能が確認されなかったうえ、細菌の培地に糠漬けを接種しても毒量は変化しなかったとの研究結果があり、減毒効果が微生物のはたらきによるものである可能性はきわめて低い[2][3]。 特に塩蔵時は好塩性細菌でも活動できないため、この点からも発酵による分解は考えにくい。

(Wikipediaより)
「未だ不明な点が多い」wwwwwwwwwwww
ドウイウコトナノ…!!
袋をよく見たら石川県お墨付きの検査済シール貼ってあったしw


何人かに対して謎のゆでたまごを渡してる綿村さんの姿が…
「勇気がありそうな人に配りました(∀`*ゞ)」

…( ゚д゚)オイマサカ

もしかして、「別の国でバロット(※)って言われてるやつじゃねーだろーな」って思ったんですが…
※バロット:フィリピンで食われてる孵化寸前の卵から作ったゆで卵。画像検索超危険。

嫌な予感は的中。

う、うわぁぁぁぁ(>’A`)>!!
単語そのものは違うけどバロットじゃねーかwwwwwwww

会場にいた人たちも「(>’A`)>!!」「( ´゚д゚`)!?」「( ゚д゚)ポカーン」な状態にw
そりゃそーだww
うわーんうわーん・゚・(つД`)・゚・!!

(クリックでボカし無し。超絶注意クリック危険ヤメテオケ)
うえーーん(つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

(クリックでボカし無し。超絶注意クリック危険ヤメテオケ)
食った人に「鳥と卵の中間みたいな味するって聞いてんすけど、どうなんすか(ヽ’ω`)」と聞いたところ「ほんとそれ_| ̄|○」と返答がありましたorz
阿鼻叫喚なモノもありましたが、楽しかったですwww

↑トリュフ入りポテサラ(´∀`)ノ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *